メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2506 件

良音をカテゴライズしてみた。

激鉄機材 記事公開日: 2007年9月13日 / 最終更新日: 2014年4月15日

77viewsこの記事は過去に77回閲覧されました。

機材も揃ったところで、どういった組み合わせがどんなサウンドなのかを
ちょっとカテゴライズしてみた。

MODE FOUR AMP1 Clean + SD-1
ゲインを絞ればブルージーなサウンド。リッチーコッツェンなんかの
サウンドに近いものがある。ゲインを上げればザックワイルドな
低音が効いたサウンドに化けるのが感動的。
MODE FOUR AMP1 Clean + Mod MT-2
これはスラッシュメタルな感じだ。スレイヤー的なサウンドに近い。
ゴリゴリした硬質なメタリックサウンドはもはや敵なし。
MODE FOUR AMP2 OD1 + Mod SD-1
これはまさしくザックワイルドなサウンド。
低音がモリモリ立ち上がりながらも音の分離が凄まじくイイ。
チューブアンプの「あの音」に近い。
MODE FOUR AMP1 Clean + METAL MUFF
もう重低音。音の塊。ハイがきつく感じる人がいるかもしれないが、
思いきったEQ設定でごり押しサウンドの出来上がり。ダイムバッグに近い。

という感じかなぁ。
METAL MUFFは電池交換の煩雑ささえなければ、ずっと手元に置いておきたい。
しかしながらMT-2の電池交換の楽チンさには勝てなかった。

ランキングを付けるとするなら、
MODE FOUR OD1 + SD-1 > MODE FOUR Clean + SD-1
> MODE FOUR Clean + METAL MUFF
といった感じか。
ザックワイルドのチューブサウンドを取るか、ダイムバッグのモダンサウンドを取るか。
どっちを取るかによっても変わってくるとは思うが。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事