メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2493 件

GigSkinz GSEGは最高のギグバッグだ。

激鉄機材 記事公開日: 2007年12月3日 / 最終更新日: 2014年4月15日

668viewsこの記事は過去に668回閲覧されました。

さて、12月になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は毎年この時期になると指の皮がずる剥けになり、
痛くてギターを触れないという悲しく切ない時期ですw
そんななか昨日のライブを迎えたわけですが、やっぱりスタジオのアンプはダメだ・・・。
これは次の記事で詳しくお話しましょう。

11月の更新をサボった分、ちゃんとネタをしいれてますよ。
復帰第一弾はギグバッグです。
え?地味? いや、意外とギグバッグは重要ですぞ。

ご存知のとおり、私は今現在エフェクターはSD-1一台。
とりあえず持ち物を減らしたい一心でギグバッグを探してました。
そしてついに究極のギグバッグと出合ったのでした。

gigbag.jpg

その名もGigSkinz GSEG。まず使っている人を見ない。
これはサウンドハウスさんで8,500円にて購入。
サイズは申し分なく、我が7弦もすっぽりです。
うれしいポイントはやっぱりポケットの大きさ。ダメージコントロールのストンプは軽く入りそう。
上部ミニポケットも充分な大きさ。
他にも携帯電話ケースまで付いているのでした。

gigbag2.jpg

内部もご覧のとおり。ギターにキズがつかないようになってます。
ギグバッグにありがちな「型くずれ」もない設計。
型ベルトもリュックのように両肩でも、片架けでもOK。
エフェクターをあまり持ち歩かない人ならば、これ一つで全て解決。
エフェクターケースって片手がふさがるからだるい、という悩みをスパット解決。

色合いもカッコよく、リッターなんかのダサさが気になる人は是非。
使い勝手バツグンのギグバッグですよ。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事