メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2625 件

Line 6 Catalystは実は良い機材なのかもしれない

激鉄機材 記事公開日: 2022年4月6日 / 最終更新日: 2022年4月6日

793views / monthこの記事は今月793回閲覧されました。

前回紹介しておいてから正直全く興味がなかったんですが、アンプ本体のサウンドがおもったより良いことやすべてのラインナップにおいて12インチスピーカーが搭載され、プリアンプをバイパスしてCatalystをパワード・スピーカーとして使用できることなど意欲的なモデルなのでは?と興味がでてきているところ。

どれを買ってもハードウエア的な装備はほぼ変わらず。100Wはスピーカーが2発、60WモデルのみMIDI DINがないくらいの差です。エフェクトループも、パワーアンプINも利用できるので60Wモデルでも十分だと判断できます。

12インチが搭載されてないコンボなんて必要ないんですよ。

パワーアンプINが利用できる競合、同クラスはKATANA-50 MK2。こちらはもうずいぶん安くなってきましたね。パワーキャビ買う人はこういうクラスのコンボアンプ狙うほうが絶対いいと思うんですけどね。

うぬぬ。なんかメタルだけならKATANA-50 MK2の方が良い気がしてきたぞ。

[

こういう風に聞くと今度はLINE6 Catalystの方が音が幅広い気もしてくるという。もう半年待ったら在庫処分が出てきそうなのでそのあたりで仕留めにいきましょうか。

サウンドハウス

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Archive

SEARCH


サウンドハウス

過去1週間の人気記事