My new Guitar Charvel guthrie govan signature

2018年5月21日

679 views


買ってしまいました・・・。
charvel guthrie govan signatureです。
アッシュの方とも悩んだのですが、やっぱフレイムだよね!!!

木のナチュラルさが凄くて、これはもう楽器ではなく家具ですね、家具。

いきなり結論から言うと、オーダー以外で理想のギターはこれしかないという印象です。弦高がかつて無いほど低く(元々私は弦高が高めです)、音づまりもなく、PUの良さかサスティンがすげぇ伸びる。馬鹿みたいに弾きやすくて、ネックの握りもFenderスタイルなので手に馴染みます。

いつも弾く曲も滑らかに弾くことができて、なんかワンランク技術が向上したような錯覚に陥ります。

何よりこのギターはヘッド形状がFenderのそれなので満足ですね。
現在シャーベルはFender傘下ということもあり、作りはかなりしっかりしている感じ。コンパウンドラディウスってこんなに違和感なく弾き易さが向上するとは・・・。

ロックナット大嫌いな私としてはIbanezのAZとも悩んだのですが、AZには欲しいカラーがなかったんですよね。全体的な価格でいうと、AZで好みのカラーがあればそっちでもいいかもしれんですが、ヘッド形状はどうしようもないですし。まぁ30万超えたらあとは付加価値ですね、ギターは。これ以上の金額だともう趣味のレベル以外でしか違いは見当たらないと思います。

弾いた後手に残る木の匂いがたまらない。ネックシェイプは人によってはちょっとがっしりしすぎと感じるかも。

モデルチェンジ前はクックドネック・ボディだったのが、このモデルからは「キャラメライズド・フレイム・メイプル」「キャラメライズド・バスウッド」という言い方に変わってます。全体的にナチュラルな仕上げなので、「木」の印象が全面に押し出されてます。家具っぽさですねこれは。

モデルチェンジ前はミニスイッチはなかったんですが、このモデルからは擬似的なシングルコイルにするミニスイッチがついてます。あんまり要らないんですけどね。

Charvel guthrie govan signature、オススメです。しばらくこのギターでブログ記事を引っ張れる予感がします。

月間人気記事ベスト3