Strymon sunsetのコンセプトが既視感

2017年3月11日

1135 views


正直Strymonいいですよね。 そんななか、また新しいドライブペダルが。
Strymon sunsetという歪ペダルで、A/Bをミックスしたり色々できちゃう優れもん。ん?どっかでみたことあるなこのコンセプト・・・。と思ったらTC NDR-1 Nova driveだ!

まぁそれは置いといて、サンセットの方見てみましょう。

Strymon sunsetのチャンネルAはミッドに特長のあるゲルマニウムダイオードの歪。チャンネルBの方はソフトクリッピングからハードクリッピングまでをカバーする幅広い歪みを作ることが可能なチャンネルになっているようです。どちらかと言うとローエンドに特徴のあるサウンド。

さらにトグルスイッチの組み合わせで恐ろしいくらい幅広いサウンドメイクができる。TONEコントロールは一つでもここまで色々な音作りが出来てしまうとは・・・。しかもそのどれもが「使える音」なのが凄い。

Strymon sunsetはブースターとしても、サウンドに味付けするODとしても、クリーンアンプをドライブさせるにも充分なゲインがありますね。なんていうものを作るんだ・・・。ついでにプレゼンスコントロールがついていれば無敵だった。

しかも、Strymon sunsetはA/Bチャンネルのスタッキングも可能!
Bを通してAとか、Aを通してからBとか、A+Bとか。
色々動画をあさってみると、メタルも十分できそうな歪ができますね・・。

Sunset has an optional, variable-threshold noise reduction feature to tame hum, buzz, and system noise when you’re not playing.

とあるので、可変スレッショルドノイズリダクション機能がついてます。ないものかと思ってましたが、これがついているなら安心。うむー、リバーサイドもいいですが、こっちもいいなぁ・・・。ノイズリダクションがないならリバーサイド一択と思ってたんですが、凄い・・Strymon sunsetどんどん欲しくなるぞ・・・。

3月16日から販売開始とのことです。

月間人気記事ベスト3