メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2454 件

12月2日のライブでの出音について。

激鉄日記 記事公開日: 2007年12月4日 / 最終更新日: 2014年4月15日

30viewsこの記事は過去に30回閲覧されました。

去る12月2日に今年最後のライブをしたわけです。
今回はSD-1 From HELLと7弦の初お目見え。
アンプはちょっと毎度重たいので今回はMF-350は持っていかず。
スタジオのJCM2000DSLを使うことに。

しかしまぁ、これが大失敗。
リハスタはTSLだったので、それに合わせて音作りをしていたんですが、
DSLでは全く音が合わず。う~ん、酷い。

やっぱり真空管アンプはコンディションが違うから、
必ずしも狙った音になるとは限らない。それも据え置きのスタジオアンプなら尚更。
分かりきっていたはずなんですがね~。
それでもMF-350は重いから、という理由で持っていかなかったのがそもそもの間違い。

SD-1 From HELLはいい働きをしてくれました。
DSLのGAINを抑え目にして、ブースター的にSD-1を使用したわけですが、
やっぱりトーンコントロールがエフェクターについていると自由度が違う。
「シャリシャリ」感は前回よりも抑えることに成功。音抜けも問題は無かった。

しかしやっぱり「いつもの音」ではないんですよね。
毎度MF-350を持っていくのは運搬面で結構手間。
スタジオに車ベタ付けで置けば解決なんですがねぇ。
なんせ道が狭いのでね・・・。
かといって「自分の音」が出ない中でのライブは楽しさ半減。
コンディションのあまり変わらないJC-120を使用したほうがいいのかな・・・。
う~ん。持ち運びが楽なフロアプリアンプでも買おうかな・・・。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Gekite2監修の本が出ました

なんと約100円で読める!

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事