メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2400 件

Pocket PODをゲットだぜ。

激鉄機材 記事公開日: 2007年9月18日 / 最終更新日: 2014年4月15日

125viewsこの記事は過去に125回閲覧されました。


Pocket PODを入手したのでちょっとレビューでもしましょうか。
グフフ。ついつい誘惑に負けてMETAL MUFFには旅立ってもらい変わりに入れ替えです。
まぁレコーディング用、PCでの練習用としてなので実際の使用はほとんど無いと思いますがね。
pocketpod01.jpg
箱は意外とでかい。一体何が入っているんだ?というくらい。
ファミコンエミュレターを髣髴とさせる箱です。

pocketpod02.jpg
開いてみると当然英語だらけ。う~ん、目が痛い。
当然取説も英語です。日本語での使い方説明が入ってますが、あまりにも簡素。
これだけではとりあえずの使いこなしすらできそうに無い・・・。
英語取説も同様。ほぼ日本語訳と同じ内容。

pocketpod03.jpg
ご丁寧にUSBケーブルが入ってます。
こいつ本体でいじるよりも専用ファームウェアを使ってPC上でいじる方が、
かなり細かい設定が出来るんですな、これが。
本体はツマミ4つなので、Gショックなどの多機能ウォッチと同じようにTAPを押しながら~とか、
SAVEとTAPを押しながら~とかいうダブルアクションを要します。
PCでやればグラフィカルなので超便利。これをせずして手放す人はいるだろうね・・・。

podpc.gif

どうやら電池駆動は単4電池。4本もいるのか・・・。

pocketpod04.jpg
確かに小さい。小柄な私の手にもほぼスッポリ。
これはテキトウな集まりにギターとコイツで充分事足りてしまいそうな予感。
液晶の視認性は見た目よりもいい感じ。
カテゴリーの順序が把握できだせば直感的に触れますね。

pocketpod05.jpg
大体こういうシュミレーター系はクリーンがキラキラしすぎ、ヘヴィサウンドはヌケ悪すぎな
感じですが、意外とクリーン使えるね。個人的にはレコーディングなら使ってもいい。
とはいえMF-350はエミュレーテッドラインアウトがあるのでシュミレーター無しで直ラインで
出力してもいいんだけどね。
しかしながら、やっぱりモダン系ヘヴィはキツイなぁ。正直。
まぁ元々生まれがシュミレターなので直録音とか、PCでの練習などに使うのがいいかと。
今までのPODと比べても遜色ない出来ですね。

ただ、マルチエフェクターとしてコイツを買うのはやめよう。
あくまで「遊び・練習」と割り切るならばPocket PODはかなりイイ。
おもちゃと割り切れる大人向けの商品ですなぁ。

ちなみに今回Pocket PODをタダで手に入れてますww

サウンドハウス

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Gekite2 公式ストアオープン

Archive

SEARCH

HOT-7days

出たぞAmpero!!

サウンドハウス

過去1週間の人気記事