メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2616 件

Blackstar St. James(SAINT JAMES)が世界最軽量のチューブアンプになるか

激鉄機材 記事公開日: 2022年5月18日 / 最終更新日: 2022年5月18日

1,874views / monthこの記事は今月1,874回閲覧されました。

photo by blackstar

見た目がブティックぽくなっただけではない。Blackstar St. James(SAINT JAMES)という新シリーズが出る様子。EL34または6L6菅搭載のチューブアンプながら、なんとヘッドで6.7kgしかない。50W/2W切り替えや、CabRigDSPスピーカーシミュレーター、リバーブなど必要な機能は搭載した上でこの重量。Deptシリーズ同様USBケーブルを繋げばオーディオインターフェースとしてそのままレコーディングもできてしまう。

日本円にして163,690円という値付け。まもなく国内でも販売スタート。国内正規価格どれくらいになるんでしょうかねぇ・・・。

おお!結構良いサウンド、幅広い。

photo by blackstar

EL34側はローゲイン、6L6側はハイゲインという位置づけの様子。Blackstar artistを息子に上げてしまったので、ちょっと欲しい。というかかなり欲しいアンプです。見た目が随分良くなった。SAINT JAMESマジで欲しくなってきた。

photo by blackstar

Blackstarお得意のISFが無くなった代わりにVOICEスイッチ搭載。ISF背面にでも搭載してあればよかったのに、とも思ってしまう。SAINT JAMESにはISF要らぬ、という判断なのでしょう多分。EL34ヘッドはチャンネルブーストスイッチが付きます。

photo by blackstar

背面は近代的にUSB、XLR・ヘッドフォンアウトなどを完備。エフェクトループも当然あります。これでSAINT JAMESの重量が6.7kgってことなので相当軽いですよ。これだと持ち運びもかなり容易になる上、レコーディングもこれ一台で出来てしまう・・・。欲しいぞSAINT JAMES・・・。

サウンドハウス

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Archive

SEARCH


サウンドハウス

過去1週間の人気記事