メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2501 件

BluGuitar AmpXが激アツ!アナログの良さを押し出してきた。

激鉄機材 記事公開日: 2020年1月23日 / 最終更新日: 2020年1月23日

1,017viewsこの記事は過去に1,017回閲覧されました。

BluGuitar AmpX凄いです。ついこの前ハイゲインなAMP1が出たばかりですが、もうそういうのは置いておきましょう。

BluGuitar AmpX は必要とされる全て!を持ったフロア型のギターアンプとなってます。Neural Analog Nanotube テクノロジー と名付けられた100Wパワーアンプでギターキャビネットを爆音で鳴らすことになります。

アンプモデルはアナログ!? どういうことなんだろう・・・。

photo by bluguitar

このペダル型のアンプ1つで、全てが完結する。そういう機材です。

NEURAL-ANALOG-PREAMP によって様々なギターアンプのサウンドを再現し、NANOTUBE X POWERAMPで 考えられるすべてのアンプ回路をシミュレート 。 コンプレッサー、ブースター、ディストーション、トレモロ、ワウワウ はアナログエフェクトとして搭載し、 8コアDSP によりその他各種エフェクトが動作。プリ・ポストの入れ替えも当然可能となってます。

もちろんIR搭載。しかし Dynamic IR と名付けられた 動的な音の変化をキャプチャ する最新機能が目玉となっている様子。アンプの音量差でダイナミクスが変化する、ということらしいです。当然パワーアンプ部を介さずにミキサーへ信号を送ることも可能!

photo by bluguitar

今までデジタルでしかできなかったことが、AMP Xで完璧なアナログ品質で実現できる。という謳い文句が凄い。

BLUGPRINTSライブラリによりPCでの管理が可能になったBluGuitar AmpXはもう考えられる最強のフロアペダルなのでは??と思えるレベル。

photo by bluguitar

めっちゃカッコいい・・・。

ではまとめますと、

  • オンボードアナログエフェクト(コンプレッサー、ブースト、オーバードライブ、ファズ、トレモロ)
  • プリ/ポスト、モノ/ステレオデジタルエフェクト(コーラス、フェイザー、フランジャー、ユニバイブ、ディレイ、リバーブ)
  • アナログアンプ回路
  • 8コアデジタルFX処理
  • Dynamic IR
  • アンプ、エフェクト、キャビネット はストアから購入可能

い、いつ出るんじゃ・・・価格はいくらじゃ・・・。今年出たNAMM2020の機材でこれが一番欲しい気がしてきた・・・。10万以下じゃ無理だろうなぁ・・・。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事