メタルブログ激鉄

since 2007

全記事数 2342 件

HEADRUSH GigboardとLINE6 HX Stompどちらを買うか悩んでみる

激鉄機材 2018年10月6日 1,157viewsこの記事は過去に1,157回閲覧されました。

もうどっち買えばいいんだよ、という方がいっぱいのハズ。
とりあえずサイズ感から比較してみます。

Headrush gigboard

32.92cm x 22.56cm x 6.71cm

LINE6 HX Stomp

17cm × 12.2cm × 6.4cm

Headrush Gigboarの大きさは、概ねiPad Pro12.9インチと似たサイズ。
重量は圧倒的にLINE6 HX Stompが軽くて、約820gで
Headrush Gigboardの方は3.24kgもあります。

価格差は1万円ちょっとというところなんですが、
Headrush GigboardはHeadrush pedalboardと同様。
LINE6 HX StompはHelix同様のチップなんですよね。

Eleven rackとDSPが同じ?という話がありましたが、
Eleven rackはデュアル・ハイレゾDSP。
HeadrushになってからはクアッドコアDSPと名称が変わっています。
DSPはEleven rackのファインチューン版でも無さそうですよこれは。

アンプ数・エフェクト数は大きな差があります。

Headrush gigboard
アンプモデル:34種
エフェクト総数:48種

LINE6 HX Stomp
アンプモデル:70種以上
エフェクト総数:200種以上

キャビネット・マイクモデルに関しては双方ともカスタムIR読込できるので
比較対象からは外してみました。

こう考えるとHeadrush弱そうに感じるんですが、
「使いたいアンプモデル」があればそれでいいんじゃないかなとは。

同時使用はLINE6 HX Stompは最大6種類のアンプ、キャビネット、エフェクト(ルーパーやIRを含む)を同時使用可能。
Headrush gigboardはCPUのリソース最大で11種使えるっぽいです。

で、結局どっちがいいの?
となると・・・。

Headrush gigboard買うべき人
・家で使うのがメイン
・アンプは気に入ったものだけ使う
・AUX INが必要
・ルーパー機能をよく使う

LINE6 HX Stomp買うべき人
・外で使うことが多い
・変態サウンドも含めてサウンドメイクを凝りまくりたい
・純粋なエフェクターとしてボードに組み込みたい

こんな感じでしょうか。
つまり両方買うしか無いんですよねこれは・・・・。

過去1週間の人気記事