メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2361 件

Marshall Code 100H いよいよ出荷開始か

激鉄機材 最終更新日: 2017年10月4日

503viewsこの記事は過去に503回閲覧されました。

ゲロ遅いですね。BIAS MINIの方が先に日本に来ちゃうんじゃないですかね。

コンボとほぼ内容は同等ですので目新しさはありません。JMPラックみたいに1Uラックに収めてラック機材にしたほうが良かったんじゃないですかね・・・。スペック見るとスピーカーアウトが8Ω1つになってるんで、何かの間違いだと思いたいところ。向こうでは400ドル以下の価格帯らしいです。

搭載エフェクト数は24個で、同時使用は5つまで。プリ部は14種、パワー部は4種、キャビモデル8種も変わらずです。

聴く限り音はいいんですよね、たしかに。

Codeのコンボはどうもスピーカーが好きじゃなかったので、ヘッドなら違和感少ないのかなぁなどと。
しかしフルサイズに近いヘッドサイズである必要があったのかどうか・・・。

せめて2Uパワーアンプ内蔵のラックが最良の形だったのでは・・・。

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Gekite2 公式ストアオープン

Archive

SEARCH

HOT-7days

過去1週間の人気記事