メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2366 件

実戦でDigitech RP360を使うことを想定してみる。

激鉄機材 最終更新日: 2014年6月7日

668viewsこの記事は過去に668回閲覧されました。

Digitech RP360ネタ引っ張り過ぎという話もありますが、
情報がまだまだ少ないのでアレば便利なんじゃないかとか思いながら引っ張ります。

Digitech RP360をライブとかで使うならSTOMPモードにしておくのがいいかと。

SYSTEMボタンからすぐ出てきます。

STOMPモードにするとこうなります。

スイッチそれぞれにアサインしたエフェクトのON/OFFが可能。
このSTOMPモードからフットスイッチ2+3同時押しでプリセットモードへ移行。
STOMPモードの使い勝手はRP355とあまり変わらないかもしれませんね。
ただRP360はスイッチの剛性感がよいので踏んで気持ちいいですね。

SYSTEMでSTOMPモードになっている場合は、このプリセットモードから
2+3のフットスイッチ同時押しでストンプモードに戻ります。

SYSTEM設定からBANKモードにすると、こんな感じ。

ユーザーパッチに保存した1〜3がBANK1にくくられます。
フットスイッチでプリセット1・2・3を切り替えられる、というイメージですね。
RP355にあったA・BモードをBANKモードで代用する、という感じでしょうか。
RP360には必要ない、と判断してA・Bモード廃止したんでしょうかね?

フットスイッチ2+3同時押しでプリセットモードに戻ります。

次回は実際にPCなしでRP360のパラメーターのいじり方でもご紹介します。

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Gekite2 公式ストアオープン

Archive

SEARCH

HOT-7days

出たぞAmpero!!

過去1週間の人気記事