メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2493 件

Win7環境へ移行したい。

激鉄機材 記事公開日: 2011年5月2日 / 最終更新日: 2014年4月15日

61viewsこの記事は過去に61回閲覧されました。

そろそろWin7 64bit環境へ移行したいと考え中。
となるとオーディオインターフェースはこれに合わせて買い換えたい。
TASCAM US-200
TASCAM US-200はWin7 64bit環境でOKみたい。
TASCAM US-600 【初回限定ソフトケースプレゼント!】
US-600という手もあるけど、サイズ的に机に置けそうに無いのが難点。
あとは6入力も要らないんですよね。
2入力だと少ないけど、6だと多い。
間の4入力オーディオーインターフェースで、
US-200とUS-600の間となると、
TASCAM タスカム US-144MKII オーディオインターフェイス US144MKII US-144MK2 US144MK2
US-144になるわけですねぇ。
これだと今度は操作パネルが上なので、
今の環境だと操作しにくい恐れも・・・。
早急に必要なわけではないんですが、
そろそろWin7に移行したいと考えてる最中。
となるとCUBASE6も欲しくなるわけで。
今のPCがQ9650なので、果たしてCPUをCore i7などにせずに、
どれくらい戦えるのかも問題。
CPUを変えるならマザボも変えないといけないし、
メモリーもDDR3への買い替えが必要になるわけですな。
かといって64bit環境を生かすために今のままでいくなら、
DDR2メモリの買い増しが必要に。
どちらにせよ、結構出費がかさむ予感です。
居間にコンボアンプ買うのが遠ざかることにも・・・。
実に悩ましいです。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事