ラック化を進めるか TS-100とかに悩む。

2011年2月16日

84 views



以前ラック組んだ時に検討したCARVIN TS-100。
当時は結局VHT2502にしたわけですが、
TS-100は未だに気になっている一台。
スペック上は11kgくらいと、軽いような印象ですが。。
ブリッジで100Wというのも気になっているポイントです。
とはいえ現状のサウンドハウスで売られているのは6L6搭載のみ。
ROCKTRON VELOCITY 300と比べても価格差は少ないんですよね。
うーむ。悩みます。
TS-100は丈夫さ、音の素直さで定評あるので
一度は所有しておきたい気もしているんですけどね。
といってもチューブパワーアンプ導入するとまた機材が重く・・・。
何よりこの価格+αでV3Mが買えますしね。
このままラックでいくかヘッドにするかは未定。
予算都合からいくとしばらくラックのままかもですね。
EVH5150Ⅲの50Wは是非欲しいので・・・。



TS-100はいろいろな組み合わせで使っている人が多いので、
動画は割と参考になるかもです。

月間人気記事ベスト3