メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2506 件

CARVIN V3 のプリ管交換。

激鉄機材 記事公開日: 2009年11月10日 / 最終更新日: 2014年4月15日

581viewsこの記事は過去に581回閲覧されました。

ギターのパーツよりも先に12AX7管が届いたので、
早速CARVIN V3のプリ管を変えてみた。
今回使用したのはグルーヴチューヴの12AX7 R2とR3です。
12AX7R3 のプリ管はメサブギーなんかにも使われている様子。
12AX7R2 のプリ管は低音が出てワイルドなサウンドとのことです。
gtr01.jpg
2,000円程度で出来るアンプカスタマイズですね。
プリ管は、バイアス調整不要なので気軽に取り替えて遊べます。
聞いたところによると、プリ管交換だけでも調整費を取るところがあるらしいです。
要注意ですよ~。
gtr02.jpg
プリ管に関しては「刺さるようにしか刺さらない」ので間違いも無いかと。
抜くとき・挿すとき双方共に無理な力がかからないよう注意します。
gtr03.jpg
CARVIN V3の場合、バックパネル側から見て左端からV1~V5とのこと。
とりあえずV1~V3までを換えてみました。
V4/5はエフェクトループに関係するところなので、
歪みの少ない12AX7R管。
V1がチャンネル1・2の歪みを担当、V2がブースト時のようです。
とりあえず音だしがまだなので、どのように変化したかはまた後日。

↓色々と真空管を変えてみるといいと思います。
真空管購入一覧

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事