メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2506 件

CARVIN V3にRP355を挿す!

激鉄機材 記事公開日: 2009年10月21日 / 最終更新日: 2014年4月15日

673viewsこの記事は過去に673回閲覧されました。

CARVIN V3のシリーズループに、RP355を挿してみました。
RP355のギターインにSENDを、ギターアウトからリターンをという接続。
c06.jpg
ここでおさらい。
シリーズループとは、直列。パラレルループは並列のことです。

↑こんなイメージですね。シリーズ接続の場合は「原音」に直接作用すると
思っておけばいいのではないでしょうか。
RP355側はリヴァーヴ、イコライザーの設定。
この段階で、音量のマスターコントロールの主導権はRP355に移るんですね。
CARVIN V3のマスターボリュームを6にして、
RP355側で2に絞る、という技も可能になります。
しっかり歪んで、迫力ある音なのに小音量で楽しめます。
シリーズのエフェクトループを搭載しているアンプに、
エフェクトの最終音量を調整できるマルチを接続すれば、
同じことが可能になるはずです。
Digitech/RP355 Modeling Guitar Processor and USB Recording Interface 

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事