メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2506 件

低価格で狙うフルチューブアンプヘッド。

激鉄機材 記事公開日: 2009年10月13日 / 最終更新日: 2014年4月15日

166viewsこの記事は過去に166回閲覧されました。

最近KRANK Rev Jrが単なるパワーアンプ化しているので、
ここいらでちょっとCARVINのパワーアンプを買うか、
それとも「出口」としてのコンボを買うか色々悩み中です。
プレイテックのセレッション搭載2発キャビも値段改定で29,800円というのも、
なんだか思わず欲しくなる価格だったり・・・。
valvking.jpg
VALVEKING 100 HEADなんかは49,800円なのに、
フルチューブアンプで2チャンネル仕様。 重量も20kg切ってる。
しかしまぁ、デザインがちょっといただけないのだが・・・。
RP355の出口として使うにはいささか大きいか。



RP355で音作りを続けるなら、CARVIN TS-100という手も。
新品でも59,800円ということを考えれば破格。
12kg程度という重さも魅力的だったりする。
しかしこれを買うと、GSP1101が絶対欲しくなるんだろうなぁ・・・。
cv3.jpg
CARVIN V3も低価格でハイゲインなアンプの一台。
最近限定モデルが出たので気になってたり・・・。
こういうのを買うならマルチは使わないか・・・。
問題はこのままRP355を使い続けるか、
それともGSP1101を買ったりするのか・・・。
はたまたコンパクトに戻るのか。
方向性が見えないので今のところはキャビ買うくらいで我慢か、
それとも安いコンボを買って物欲をごまかすか。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事