メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2506 件

サルでも出来る自作A/B BOX。実態配線も。

激鉄機材 記事公開日: 2009年6月2日 / 最終更新日: 2017年7月7日

7,781viewsこの記事は過去に7,781回閲覧されました。

休日利用でA/B BOXを製作しました。
まぁ、簡単なものなんですが、エフェクターボードに合わせて大きめに製作。

ab01.jpg

使う材料はたったこれだけ。
穴あけはちょっとはしょります。
LEDは3φをチョイス。
抵抗は2.2kΩが2つ、ジャックはモノラル2つとステレオ1つ。
バッテリースナップと、LEDの台座ですね。

A/Bボックス製作開始 部品の取り付け

ab02.jpg

まずはLEDの台座をセットし、LEDが抜け落ちないように
ホットボンドかなんかで接着してやります。

ab03.jpg

ab04.jpg

ホットボンドで接着したら、LEDの足が長いほう同士を結びます。
+、つまりアノード側を結んでやるわけです。

ab05.jpg

次にLEDの足の短い方、-、つまりカソード側に抵抗をつけます。
抵抗をつけないとLEDが一瞬で逝きます。

A/Bボックス制作 スイッチへはんだ付け

ab06.jpg

インプット側のステレオジャックから配線をします。
ジャックのSLEEVEにグラインドのラインが落ちます。

ab07.jpg

順序を間違えるとこういう風にカオスな状態に。
物凄くやりにくいです。

ab08.jpg

モノラルジャックの音声ラインをスイッチに結んでいきます。
もう凄くめんどくさくなります。

ab09.jpg

バッテリースナップの-をステレオジャックのRINGに接続。
バッテリースナップのプラスをLEDの+、アノードに接続します。
LED同士は結ばれているので、片側のLEDにつなぐだけでOKです。

ab10.jpg

最終的にはこんなにカオスな状況に。
まぁ慣れればいいんでしょうが・・・。
ちなみに空中配線はしっかり絶縁しましょう。
今回はわかりやすいようにそのままにしてます。

ab11.jpg

完成!
でかい。
エフェクターボードの隙間をキッチリ埋めてくれました。
青色LEDがカッコイイです。
では、今回の自作A/B BOXの実態配線を。

実体配線図

abbox.gif

長いですね。
合計3,000円ほどで製作できます。
やたらとループが要らない人や、シンプルなA/B BOXが欲しい人は自作にトライ!

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事