メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2506 件

TomAnderson。

激鉄機材 記事公開日: 2008年9月11日 / 最終更新日: 2014年4月15日

1,007viewsこの記事は過去に1,007回閲覧されました。

ちょっと集中連載ということで、世の中のハイクオリティ高級ギター特集を、
今日から数日間行いたいと思います。
早い話が個人的に欲しいギターを羅列しようと言うことですw

tom.jpg
まずはTomAndersonギターを取り上げようと思います。
トムアンダーソンといえば、MESA/BOOGIEの開発ギタリストであるDOUG WESTさんも
使用のギターで、スタジオミュージシャンに使われているような、
ハイスペックギターですね。

まず、特殊なのはネックの取り付け方式。A Wedgieと呼ばれています。
tom3.jpg
なんとボルト2本です。

tom2.jpg
複雑な、特殊なカットによってボルト2本でもネックをがっちり固定。
技術の表れです。

スイッチ類の多さも見ものです。
シングルコイルに見えるフロント・センターも実はハム。
コイルスプリットなども可能なミニスイッチで、多彩なサウンドが出せるようになってます。

さて、このTomAndersonギターはラインナップも豊富です。
Drop Top シリーズは3種類、The Classicが1種類、Tシリーズは2種類、Cobraが1種類、
Crowdster Acousticというアコギが1種類となっています。
詳しいラインアップはこちらから
価格帯は概ね60万円~と、そこらのギターが数本買えそうな価格。
しかしながら、価格に見合うサウンドを見つけることの出来そうな1本ですね。
私の今一番気になっているギターでした。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事