メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2482 件

Mod BOSS MT-2が届いた。

激鉄機材 記事公開日: 2007年9月13日 / 最終更新日: 2014年4月15日

1,301viewsこの記事は過去に1,301回閲覧されました。

ついに届きました。モデファイドBOSS MT-2。
今回のモデファイ内容もKeeleyに準じたモデファイだそうです。
ブルーのランプがまぶしいくらい主張してますね。
早速試奏してみました。
セッティングはMF-350のCH1クリーンチャンネル。ゲインはほぼ0で
プリボリュームも12時に設定。クリーンの中のクリーン設定です。
MT-2側はLOW/HIGH共にマックス。MIDは10時・12時。GAINは15時方向です。
トグルスイッチは一番右を使用しました。
トグルスイッチはノーマル・DB・チューブの切り替えです。
Mod BOSS MT-2

出音は強烈。なんというローノイズ。パワーサプライを介しているにも
かかわらずMETAL MUFFよりもさらにローノイズ。全くノイズがのらない!
こんなにもノイズレスなペダルがあるとは驚きです。
METAL MUFFのローノイズもすごいと感じましたが、このMT-2もはやノイズとは無縁。
ファットでありながら、ナチュラルな歪み。
METAL MUFFの歪とは違い、ハイがザラザラしません。
この歪みはどちらかというと最近のモダンMarshallの歪みに近いですね。

歪ませても音抜けはバツグンで、ディストーションにありがちな
音が引っ込むことはありません。むしろグイグイ前に出ます。
DBモードは古臭いハイの効いたサウンドで、クラシカルなオールドヘヴィメタルな
カオリがぷんぷんしてきます。

音質自体はどれも「硬い」メタル向きのサウンドですが、
ゲインを絞ればかなり幅広く対応できる感じです。
ただ、難点を挙げるとすれば、音の分離がよいために、
かなりピッキングニュアンスが出るということです。
ノーマルMT-2と違いこれはかなり実力のバレる音です。

速弾きなどはもうまさに化けの皮を剥がされる感じです。

上記を踏まえると、今まで私が出会ってきたペダルは何だったのか・・・。
とさえ思えますね。
そう、あえて言おう。
今までのペダルは・・・・・。
カスであると!
ああ、早くJC-120で試したい。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Gekite2監修の本が出ました

なんと約100円で読める!

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事