メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2646 件

Handy Guitar Lab for G2 FOUR について

激鉄機材

記事公開日: 2022年12月26日 / 最終更新日: 2022年12月26日

670views / monthこの記事は今月670回閲覧されました。

ようやくAndroid版も出まして、100円となっております。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.zoom.HandyGuitarLabforG2FOUR&hl=ja

さて、エディタとしてはそれなりの使い勝手と管理。G2 FOURは出先でぱっとプリセットいじっちゃおうぜ。っていうような感じがビシビシ感じられます。不要なエフェクトは本体からとりあえず削除しておくと利便性は高まるんじゃないかなと思いますね。

今後追加エフェクトを入れることを考えたら本体メモリーがカツカツすぎる。ギリギリのコストで低価格を実現しているっていう感じがする。とはいえ、メモリの余裕はG1 FOURよりは明らかに多い。マルチレイヤーIRにしたことでどれくらい容量を食ってるのかは知りたいところ。

絞り込みなど必要な機能は十分揃っている。

ドラッグでエフェクトチェインを変更できるのは楽。本体のもっさりした挙動でエフェクトチェインを替えるのは面倒だなと思ってましたので。音作りをちゃちゃっとやってしまうという面ではめちゃくちゃ楽になります。

追加エフェクトは有料配信するんでしょうかね?なるべく息長くアップデートしていって欲しいなぁという気持ちはしています。G1 FOURでさえ2年遊べたので、これからの2年はこれで遊びたいなとは思います。

サウンドハウス

\ 激推し ZOOM G2 FOUR /

関連記事はこちら

Archive

SEARCH


サウンドハウス

過去1週間の人気記事