メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2572 件

Hughes & Kettnerから新しいフロアアンプ、AMPMAN MODERN・CLASSICの2機種

激鉄機材 記事公開日: 2021年2月12日 / 最終更新日: 2021年2月16日

1,355views / monthこの記事は今月1,355回閲覧されました。

photo by H&K

AMPMAN MODERN結構見た目いいですね。2チャンネル完全アナログ仕様。シリアルFXループを搭載し、当然ノイズゲートも載せてきました。プレゼンスとレゾナンスコントロールを載せたかわりに、TONEコントロールは1ノブ。

8つのキャビネットシミュレーションを備えたRedBox AE + DI-outを採用しているのでこのままモニタースピーカーへ送れます。AUX IN、ヘッドフォンアウトも当然完備。サイズ感はコンパクトでいい感じ。SPIRIT TONE GENERATORが真空管なしでも、チューブアンプのようなサウンドを提供するというのは近年のケトナーアンプ通り。

50ワット@ 4オーム、25ワット@ 8オーム、12.5ワット@ 16オーム  なので自宅からリハスタまで余裕のパワー。

349,00 €とのことなので、BLACK SPIRIT 200 FLOORは見た目にも価格にもしんどかった人には丁度良さげ。

モダンの方は鼻詰まりサウンドが結構目立つ。結局色々組み合わせる土台として、または歪メインのプリとして使うならClassic以外選択はないかな?

3月発売で税込み4万切りましたとさ。うーん、ZOOM G6でいいかな。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事