メタルブログ激鉄

since 2007

全記事数 2342 件

今だからこそZOOM G1onを見直してみる

激鉄機材 2018年10月26日 721viewsこの記事は過去に721回閲覧されました。

めちゃくちゃ長い間VOX iG使ってたんですが、最近はZOOM G1onをモニタースピーカー直で弾いてます。
なんつーか、あれです。もうこれで良いんじゃないかとか思い始めている次第です。

ZOOM G1onといえば電池駆動できるので持ち運びも楽。
デスクの上に置きっぱなしでもコンパクトなのであまり気になりません。
なにより一応ルーパー入ってますしVOX iGより若干遊びの幅が広い。
アナログっぽさはVOX iG圧勝なんですけど、
モニタースピーカーに繋いで遊ぶ場合はZOOM G1onの方がいい音なんですよね。

というわけでザックリセッティングはこんな感じ。

ZNRはデフォルトの設定で一番前に配置。

TWOROCKのモデリングが最近お気に入りです。
なんかこのモデリングは力入ってますよね。
同じゲイン量でも他のモデリングよりノイズ少なめ。

GAINアゲアゲです。

BASSは控えめにすると嫌なブリブリ感が軽減されます。

キャビモデルを412のモデルにすると音が派手すぎるので。

あとはディレイなりリバーヴなりをおいておけばおしまい。
これだけで結構楽しく弾けちゃうんですよねぇ。

いちいちセッティングするのが面倒+ぱっとパラメーターを把握できない。
ことくらいしかG1onのデメリット無い感じです。

うーん、HX StompやHeadruch gigboard欲しいんですけどね。
アンプが売れたら考えよう。

過去1週間の人気記事