原点はMarshallなのか。

2011年3月17日

268 views


chupa2.jpg
様々なクローンアンプを作ってる、といえばBugeraも有名ですが、
Ceriatoneというマレーシアのメーカーはもっと露骨なクローン。
個人で購入する場合にもAC100V仕様にしてくれるのはイイかも。
後は純粋なクローンだけじゃなく、この写真のようなアンプも。
Ceriatone Chupacabraというアンプで、見た目はMarshall。
ただ音の方向性はプレキシ~モダンハイゲインまで対応するという、
なんだかニクイやつなのです。
chupa.jpg
モノモノしいミニスイッチの数々と、
背面パネルにはバイアス調整のテスターを挿す穴。
シャシ上にはバイアス調整のトリマがついてます。
更に、PTPのハンドワイヤードというこのアンプ。
日本国内だと大体14万くらいですね。
あっちで買うと10万切るようですが、3ヶ月かかったとかいう人もいるので。

他にもJTM45クローンや、ダンブルクローンなど色々。
一度本国サイト覗いてみると面白いかもしれません。
http://www.ceriatone.com/

月間人気記事ベスト3