メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2410 件

LINE6 POD HDシリーズ。

激鉄機材 記事公開日: 2010年10月1日 / 最終更新日: 2014年4月15日

72viewsこの記事は過去に72回閲覧されました。

POD HD300
LINE6 (ライン6) / POD HD300 【10月27日発売予定 只今ご予約受付中!!】【 送料無料!】
POD HD400
LINE6 (ライン6) / POD HD400 【10月27日発売予定 只今ご予約受付中!!】【 送料無料!】
POD HD500
LINE6 / POD HD500 アンプシュミレーター マルチエフェクター 《予約受付:10月末以降入荷予定》
HD300~500まで39800円~59800円。10・27発売みたいですね。
今回のPOD HDシリーズは以前からウワサされていた通り、
全てフットタイプのマルチ形式に。
さらにアンプモデリングはHD300~HD500まで、
全機種で16種類に絞り込まれた様子。
・ Fender Twin Reverb
・ Hiwatt Custom 100 (DR103)
・ Supro S6616
・ Gibson EH-185
・ Fender Bassman
・ Fender Blackface Deluxe Reverb
・ Divided by 13 JRT 9/15
・ Dr. ZR Route 66
・ Vox AC-15
・ Vox AC-30 (Top Boost)
・ Marshall JTM-45 MkII
・ Park 75
・ Marshall JCM-800 (2204)
・ Bogner Uberschall
・ Mesa/Boogie Dual Rectifier
・ENGL Fireball 100
ということでENGLのモデリングが入りましたね。
POD FarmなんかのメタルショップにはKRANKなんかも
ありましたが、最近流行のENGLを入れてくるあたりにくい。
とはいえ、ハイゲインモデルはだいぶ減った印象ですね。
5150系をバッサリ切ったのは意味があるんでしょうか?
Mシリーズクオリティ・エフェクトといわれる、
エフェクトプロセスがHD300では80種類、
HD400では90種類、HD500では100種類と大きな違いはそこ。
また、見た目のスイッチ数や端子数何かも違いますね。
とはいえHD500をあえて買う必要は無いような・・・?
HD300ですらやや微妙な価格帯です。
POD X3は継続販売なのか、またHD SHOP追加があるのか?
そこらへんもまだ良く分かりませんね。

サウンドハウス

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Gekite2 公式ストアオープン

Archive

SEARCH

HOT-7days

出たぞAmpero!!

サウンドハウス

過去1週間の人気記事