メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2382 件

ラックを組むという妄想をしてみた。

激鉄機材 記事公開日: 2010年2月25日 / 最終更新日: 2014年4月15日

189viewsこの記事は過去に189回閲覧されました。

ちまちまとラックを組むという妄想をしてみました。
ラックで組んでしまうと重量が問題になるのですが、
ここでは重量をちょっと度外視して低コストでモダンなハイゲインを追及。

パワーアンプは最近話題になっているROCKTRON VELOCITY 300。
http://www.rocktron.com/products/amplifiers/rackmountguitar_amps/velocity300/
真空管アンプの出力インピーダンス特性を再現するという、
ROCKTRON独自のReactanceサーキットが搭載されているとのこと。
ローコストを考えるとパワーアンプはソリッドという選択肢で。

プリアンプはENGL E530とか。
割とモダンなハイゲインが作れるそうです。
1.5Wパワーアンプ内蔵なので、自宅練習のときにもよさげ。

最後はマルチ。TC ELECTRONIC G-MAJOR 2をチョイス。
というか、マルチ入れるんだったらPOD X3のラックでもいいような気はしますが・・・。
これで3Uラックの完成。重量も持ち運べるレベルに収まったような??
総額・・・あれENGL Powerballと同じくらいか。。


Youtubeで同じような組み合わせをしている動画を発見。
邪悪なサウンドです。プリはENGL欲しいですねぇ。
CARVIN TSを6L6にして組み合わせても良さそう。
ENGLのSEプリとか、SEパワーアンプがもっとお手ごろだといいんですけどね。

サウンドハウス

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Gekite2 公式ストアオープン

Archive

SEARCH

HOT-7days

出たぞAmpero!!

サウンドハウス

過去1週間の人気記事