メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2493 件

スピーカーについての考察。

激鉄機材 記事公開日: 2008年10月3日 / 最終更新日: 2014年4月15日

107viewsこの記事は過去に107回閲覧されました。

キャビネットには様々なサイズがあり、
色々なサイズのスピーカーが取り付けられている。
主に8インチ、10インチ、12インチがあるわけだが、
一般論から言えばサイズが大きくなるほど低音再生能力が上がると言われている。
speaker.jpg
口径が大きくなるほど「レスポンス」は落ちるので、
一般的には12インチくらいまでがギターアンプのキャビネットに使われる。
ベース用キャビネットでも10インチ×複数、があるので、
低音再生能力は10インチあれば充分、という見方もある様子。
有名なスピーカーといえばやっぱりセレッションか。
他にもジェンセン、エミネンス、エレクトロヴォイスなどなど種類は多い。

メーカーによって、特性は大きく違うので、
スピーカーが壊れたついでに違うメーカーのものを使うのも楽しいかもしれない。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事