メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2493 件

YAMAHA AUDIOGRAM6 でシンプルレコーディング。

激鉄機材 記事公開日: 2008年8月29日 / 最終更新日: 2014年4月15日

360viewsこの記事は過去に360回閲覧されました。

どういったオーディオインターフェースを買っても、
付いてくるのはCUBASE LEばかりとお嘆きのあなた。
大きなミキサーは要らないんだけどテキトウなのが見つからない、そこのあなた。
YAMAHA AUDIOGRAM6 はいかがでしょうか。
CUBASE AI4が同梱。
yamaha.jpg
見てのとおり、実機は入力感度、音量を決めるだけと言うシンプルさ。
ファンタム給電OK。
当然マイクプリアンプも内蔵で、コンプまでついているのだった。
しかもPCレコーディングにはうれしいUSBバスパワー。
yamaha2.jpg
USBオーディオ1.1、16 bit/44.1 kHzと、USBがちょっと遅いのが難点だが、
CUBASE AI4目当てで買うのもありだと思う。
LogicからCUBASE AI4に戻ってきた私が言うんだから間違いないw
170 mm x 59 mm x 192 mmのコンパクトサイズで770 gと軽い。
初めての宅録にもいいんではなかろうか。
もう少し頑張ればMW10Cにも手が届くのが玉にキズか。
http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/usbaudio/audiogram/

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事