メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2501 件

お待ちかねDAMAGE CONTROL Demonizerレビュー。

激鉄機材 記事公開日: 2008年1月7日 / 最終更新日: 2014年4月15日

1,639viewsこの記事は過去に1,639回閲覧されました。

お待たせしました。ついにDemonizerのレビューです。
まずはじめに衝撃的だったのが、その操作性。
かなり幅広い音作りが出来るかわりに、ちょっと面倒くさい。

直感的にいじる、というよりも理論立てていじるタイプの
ストンプBOXですね。

demonizergif02.gif

このOPTOCOMPがかなりの曲者。
こいつの操作がキモになってきます。
かなり自然なニュアンスでのCOMPがかかります。
歪みの感じまでがらりと変わるほどです。

極低音の調整が無いので、ドンシャリは難しいのかとも思いましたが、
その心配は要りません。コントロール類の調整で芯のある、そしてヌケのいい
ドンシャリサウンドが可能です。

demonizergif.gif

↑がサンプルセッティングとなっています。
ただし、アンプの特性によってコレはがらりと変わってしまいます。
JC-120との組み合わせではTREを押さえ、FRQの設定も調整が必要です。
MF-350の場合はFRQを左に回しきった状態がもっとも心地いいサウンドとなりました。

また、リターンにつなぐ場合にもセッティングは変わります。
このあたりがちょっと慣れが要るポイントですね。

demonizer01.jpg

専用アダプタを挿すとインジケーターがグリーンとなります。
この状態がトゥルーバイパスの状態となります。
左側スイッチがエフェクトのオン・オフとなります。
コレを入れるとインジケーターがオレンジに変わります。

demonizer02.jpg

右側のインジケーターはヌークリアスイッチオンで、赤に点灯。
同時に左側のインジケーターも赤になります。

ヌークリアスイッチオンで20dbのゲインブーストですが、
私自身は全く必要性を感じませんでした。

Demonizerをあえて悪く言えば「全て同じサウンドにしてしまう」ことでしょう。
どういった特性のあるアンプでもDemonizerの音にしてしまうというアクの強さ。
しかしながら、サウンド自体がMESA BOOGIE系のサウンドなので、
このサウンドにほれたら手放せないでしょう。
音抜けもバツグンで、まさに究極のストンプBOXです。

音の拡がり感が最高ですね。
どういったリフを弾いても、しっかりとキレのあるサウンドになります。
DRIVEを絞ってのブルージーなサウンドもお手の物。
アンプとの相性をほとんど選ばないその万能性は特筆モノです。

そしてEMGのアクティブPUとの相性が最高。
ノイズはまさに皆無。METAL MUFFやMod MT-2なども凄かったですが、
更に上をいく超ローノイズ。まったくノイズが気になりません。
リハスタでの爆音演奏時もハウリング・ノイズは全くなしです。

クリーントーンを一撃でハイゲインサウンドに化けさせ、
尚且つクリーンと歪みとの音量差すらも感じさせない。
バッキングにもソロにもしっかりと音の粘りを加えてくれます。
こいつは予想以上のシロモノでした。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事