メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2391 件

メタルといえども2パターン。

激鉄音楽 記事公開日: 2007年9月10日 / 最終更新日: 2014年4月15日

25viewsこの記事は過去に25回閲覧されました。

一言でヘヴィメタルな音、といってもZakkWyldeのサウンドと、
DIMEのサウンドは全く方向性が違うと思う。まぁ聴いてみてくれ。


なんとなく分かるかな?
これこそが、チューブとトランジスタの明確な違いだし、
アンプとエフェクトの歪みの質の違いであるとも思う。
ちなみにこのPVでザックワイルドはJCM800+ODを、
ダイムバッグはRandallを使っている。

今までは私の目指す方向性はどちらかというと初期ダイムサウンドだったが、
このたび目覚めてしまい、ザックサウンドへとベクトルが向いている。
ダイムサウンドは「ジョゴリ」という感じで、
ザックサウンドは「ドゴリ」という感じだ。

METAL MUFFはまさに「ジョゴリ」サウンドな訳だが、
どうやらモデリングでJCM800をどうにかできそうな感じなので、
マジでMETAL MUFFは手放してしまうかもしれない・・・。

え?またアンプ買うのかって?
それは内緒である。

サウンドハウス

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Gekite2 公式ストアオープン

Archive

SEARCH

HOT-7days

出たぞAmpero!!

サウンドハウス

過去1週間の人気記事