メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2506 件

Neural DSPのArchetype: Nollyを使ったら驚愕した

激鉄機材 記事公開日: 2020年10月20日 / 最終更新日: 2020年10月23日

715viewsこの記事は過去に715回閲覧されました。

Archetype: Nollyは14日間のフリートライアルが可能。これはもう世の中のメタラーでまだNeural DSP使ったことない人は絶対使ったほうが良い。私はBIASをアンイストールしました。BIAS FXって音はいいんだけど操作に難が無いですか?無いですかそうですか。

ダウンロードから落とせます。iLOKのアカウントが必要なので、予めiLokライセンスマネージャーをインストールしてアカウントをアクティベートしておくとスムーズ。archetype-nollyをインストールする際にTRYを選択し、iLOKのユーザー名・パスワードを入力すればインストールが完了するはず。

操作はめちゃくちゃシンプル。BIAS FXですら迷いながらやっていた私には使いやすさが素晴らしい。というかプリセットのサウンドでもう充分。プリセットだけでずっと遊べるクオリティ。恐ろしい。これだけで何でも出来る気になれる。

アンプモデルはたった4台なんですが、無限の音。使ってみるとこの言葉がわかるはず。アンプモデルはMarshallだけあれば充分、とか言ってた過去の私はもう居ません。IRは640用意されてます。

激歪からウルトラクリーン、浮遊感有るクリスタルトーン。プリセットを選ぶだけでここまで完成しつくされた音がでるのは凄い。

アンプの歪みは迫真のサウンド。これは是非自分で確かめていただきたい。フリートライアルがあるので!

搭載エフェクトはたったこれだけ。なので、色々音作りしたい!という人には物足りないかもしれませんが、「いい音で楽しく弾き続けたい」という人には最高。プリセットだけでこのあたりをイジる必要もない。

$158.99なのですが、十分価値が有る。だってしばらくギター弾いてなかった私が今日ずっとギター触っているんだから。

ちなみにNeural DSPのアカウントがあれば全部フリートライアル可能です。新しい機材を買う前にちょっと試してみてはどうでしょう。実機本当に要らない時代が来たんだな・・・。

https://neuraldsp.com/pages/downloads

1アーキタイプを入れ替えてだけしか使えない実機を5万くらいで出してくれたら買う。例のデカイ実機は必要ないと思う。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事