メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2501 件

木製エフェクターボードが完成しました

激鉄機材 記事公開日: 2020年10月11日 / 最終更新日: 2020年10月11日

511viewsこの記事は過去に511回閲覧されました。

BOSS GT-1000 COREで見た木製エフェクターボード。結構なギタリストが木製エフェクターボードの良さにメロメロになったようです。かくいう私もその一人で、まずは色々工夫して自作しようと思い立ちました。

BOSSの木製ボード(メーカー既製品で海外製)

全部木工作業して作るのは仕上がりに納得できない場合最悪なのと、木材ってわりと値段がするので以下のものを調達しました。

そう、お盆です。結構サイズが色々有るんですが、VOXワウを入れるとなるとこのサイズがカツカツになります。もう少しいいサイズでタイトなものをと考えたら、イチから自作しかないですね。

中敷きはベニヤ4.5mmで、ブラック塗装。ケーブルを出す箇所だけホールソーで穴あけしました。ケーブルを裏配線するので、1cm厚のゴム足を接着してます。

もっとギュウギュウにするか、余裕をもって配置するとキレイになりそう。チューナーの上が空いているのは卓上ルーパー操作用のA/Bスイッチを置くスペースです。

総製作費3,000円くらいなので、気軽に試してみると良いのではないでしょうか。ニトリのお盆なんかも結構いい質感だったり、ホムセンで売ってるお盆なんかもいいと思います。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事