メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2399 件

これからギターを始める人が何を買えば失敗しないか、に答える

激鉄機材 記事公開日: 2019年10月17日 / 最終更新日: 2019年10月17日

680viewsこの記事は過去に680回閲覧されました。

ギター

どんなジャンルをやるかによるんですが、基本的に「ポップもロックもやってみたいことは全部やる」スタイルで考えておくと失敗が少ないです。メタルにしても刻むだけがメタルじゃないですしね。オールマイティな万能選手的ギターを選べば、ある程度方向性が決まったときにいい1本を買えばいいんじゃなかな、と。

そういうギターはたいていIbanezから出ているんですが、私がおすすめするのはこちら。

そうです、シャーベルですね。私も愛用しています。シャーベルは現在Fender傘下なので、ストラトっぽい弾き味で飽きが来ませんし多くの人が「弾きやすい」と感じるはず。スペックも悪くないのでずっと使い続けることだって出来ます。

この1本、12万くらいなんですよね税込みで。ボディはアルダーだし、キャラメライズドメイプルネックだし上位モデルと比較しても負けてません。Ibanez AZみたいなもんですね。

アンプ

正直要らないです。オススメはアンシミュ+パワードモニターですね。今どきチューブアンプを買ってキャビ買って・・・。なんてことをやっても好みの音が得られるとは限りません。というか遠回りです。何十台もアンプ買い替えてきた私が言うんだから間違いないです。

とりあえずベストセラーのZOOM G1X FOUR買いましょう。これの操作感と、音作りが出来るようになってから次を買えば失敗しません。好きなサウンドの傾向っていうのが絶対出てきますからね。Marshall系サウンドならHeadrushが強いですし、エフェクトにこだわりたいならAxeですし、トータルバランスを重視したいならHELIXですし。

アンプの音を追求したい!となればKemperやBIASを選択すればいい。

もう実機のアンプにこだわる時代じゃないんですよね。

で、スピーカーはパワードスピーカーを買えば今後何を買っても使い続けることが可能。素晴らしい時代ですよこれは。

ここまで紹介したものを全部買ってもトータルで17万円くらいです。ギター本体が一番ケチれるポイントなんですが、個人的にはそこそこのギターを買うほうがいいと思いますね。飽きたときのリセールバリューが全然違いますし。4万ぽっちで買ってきたギターは結局その程度なんですよね。

唯一の例外があって、昔ワッシュバーンから出てたN24ですね。これ当時投げ売り4万くらいだったんですが、もう全然その値段では手に入りません。

そういうニッチなものが狙える目があれば、なお一層それなりの1本を選ぶところから始めるのをオススメします。

サウンドハウス

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Gekite2 公式ストアオープン

Archive

SEARCH

HOT-7days

出たぞAmpero!!

サウンドハウス

過去1週間の人気記事