メタルブログ激鉄

since 2007

全記事数 2348 件

すごいぞBIAS AMP2

激鉄機材 2018年12月9日 795viewsこの記事は過去に795回閲覧されました。

先日新宿のイシバシ楽器に行ってきましたが、
お目当てのHeadrush gigboardもHX Stompも置いてありませんでした。
人気で売れまくりなんですってね。
サイズくらいはこの目で確かめたかったなぁ・・・。

さて、最近アンプヘッドを処分し112キャビも処分しようとしているのですが、
BIAS AMP2のお試しが出来るということでちょっと試してみました。
幸いiPad miniをタダでゲットしたので使わないては無いぞ、と。

以前iPhone使っていたときはJamUp Pro使っていたんですが、
あれから比べると格段に進化していて震える。
いきなり結論からいうと、BIAS AMP2使わない理由はない。
アンシミュ付きのマルチを4〜5万出して買うのはもうなんか、ほら、あれだわ。

無料で遊べる範囲は決まっているんですが、BIAS AMPの売りである真空管交換とか、
トランスを変更するとか、そういうのはグリグリ遊べます。凄いぞ!
マジで自分だけのカスタムアンプ作っているような錯覚に陥る。

マイキングポジションも無料枠で充分遊べるのでオススメ。
作ったプリセットは保存できないくらいですかね、難点は。
めちゃくちゃいじりまくったプリセットを保存できない、ってのはやっぱBIAS AMP2ちゃんと買おうって気になる。

音はめっちゃいいですね。笑う。
なんだろう、超アンプの音ですよこれは。
飽和感というか、あの感じがめっちゃ出てる。

あくまで「マイキングしてレコーディングするときのチューブアンプサウンド」なので、
キレイすぎるっていうのはあるかもしれませんがキレイに越したことはないですよ。

リバーヴもすごく細かく調整できるので気持ちいい。恐ろしく気持ちいいです。
ノイズゲートもくっそ賢い。なんだハードのノイズゲートってなんだったんだ。

軽くて持ち運べてどこでもいい音!

あれ・・・BIAS AMP2が入っているiPadかiPhone があればハードウエア要らないのでは・・・。

とりあえずiOS端末がある人はBIAS AMP2は試しておかないと損です。
すげぇ時代だ。何だこの音は・・・。

HELIX nativeもiOS版出たりせんかな。

過去1週間の人気記事