NuxのVerdugo SeriesにSTRYMONみたいなやつが追加

2018年1月11日

340 views


NuxはいつになったらCerberusを日本で売るのだろう。
とか思っていたらSTRYMONみたいな新しいストンプボックスを出してきました。

Atlantic Delay & Reverb

タップテンポにも対応したディレイ/リバーブのAtlantic Delay & Reverb。
ストライモンですねこれは・・・。

ディレイ・リバーブともに3つのプリセットを備えてます。

70’s (40ms – 400ms)・60’s (55ms – 550ms)・80’s (80ms – 800ms)の3タイプをトグルスイッチで切り替え。タップデンポでは125 ms – 1500 msの設定が可能とのこと。

リバーブの方は、Spring Reverb・Plate Reverb & Shimmer・Hall Reverbの3種となってます。

ディレイとリバーブはどちらを最初に通るかルーティングを選択することも出来る様子です。

Solid Studio IR & Power Amp Simulator

Solid Studio IR & Power Amp Simulatorは名前の通りレコーディングに役立つペダル。キャビシミュ・マイクシミュ・パワーアンプシミュを搭載したストンプボックスに仕上がっている様子。

IR読み込みに対応するらしいのですが、そこはカミングスーンとのことです。これは欲しいかもしれん。

Masamune Booster & Kompressor

Masamune Booster & Kompressorはそのまんま。ブースター+コンプですね。

まとめ

とりあえずストライモンポイ筐体で出してくる新シリーズ。今後もラインアップが増えそうな予感です。例によって日本導入は未定。Cerberusをさっさと出せと何度言えば・・・。

月間人気記事ベスト3