メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2501 件

Marshall 1959SEが登場している

激鉄機材 記事公開日: 2015年6月27日 / 最終更新日: 2015年6月27日

831viewsこの記事は過去に831回閲覧されました。

408267_main_l_201506271102

Marshallから追加モデルとして1959SEが登場。違うよ!俺がほしいのはこれの1987なんだよ!!

日本限定モデルということで、日本人好みは1959だってことか。でかすぎるだろどう考えても。1959SLPをバリバリに意識したモデルになっていて、ハイゲインMODみたいなことがされてます。

おなじみのマスターボリューム無しの100Wヘッド1959をベースに、プリ管をカスケード(直列)接続してハイゲイン化するモディファイが施されており、4つのインプットのうち左側(INPUT1)に接続した場合は通常の1959として動作し、右側(INPUT2)に接続するとカスケードモードとなり、VOLUME IIがゲイン、VOLUME Iがマスターボリューム的な動作をするモードに切り替わります。

キャビも専用品「MF280BSE」が出るみたい。またMODE-FOURのキャビを使いまわすのか。
欲しくないのと言われたらそりゃ欲しいですけど。

1987もちゃんと何とかしてください。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事