メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2388 件

1Wとか20Wとか実際の音量はどれくらい?

激鉄機材 記事公開日: 2009年6月4日 / 最終更新日: 2017年7月7日

4,281viewsこの記事は過去に4,281回閲覧されました。

最近ミニアンプ、つまり5W~20W程度のアンプが流行ってますが、
実際どれくらいの音が出るんでしょうか。
今日はちょっと出力や音量に関するお話です。
スピーカーの能力をちょっと考えて見ましょう。

1Wの電気信号をスピーカーに加えたとき、前方1mに位置で何dbの音が出ているかで、
スピーカーの性能・能率というのが分かります。
なのでつなぐスピーカーがどうなのか?というのも、
アンプヘッドの出力だけでは分からない点ですね。
ちなみに1Wと100Wではどれくらい音が違うでしょうか。

実は約10倍くらいだといわれています。
例えばアンプ出力が2倍になると、体感音量は約1.4倍になるといわれます。
能率が80dbのスピーカーを30Wのアンプで駆動するのと、
95dbのスピーカーを1Wのアンプで駆動するのは同じとも言われますから、
まずなんにしてもスピーカーが肝心です。

当然2発キャビか、4発キャビかでも体感できる音量は違います。
1Wのフルチューブでも100Wの10分の1の音が出るという理屈ですから、
自宅では5Wでもフルアップは厳しいですね。
ではよく言うRMSとかいうのは何でしょうか?

アンプの出力には「実効出力20W」と書いてあるのを見たことはありませんか?
これは、電流×電圧を2で割った値です。
最大のピーク時には実効出力の約2倍となるといわれます。
ちなみにピーク時とは、最大ボリュームでガンガンに歪ませたとき、
というような感覚でいいと思います。

となるとRMS20Wといえどもピーク時には40Wクラスのアンプと同じ音が出ると
考えてもいいでしょう。
そうなると100Wのフルチューブは凄い音で必要なさげ、
と思うかもしれませんが、「実効出力」とは、
実際に効果のある値、ということですから、クリーンでひく場合や
歪ませたくない場合、余裕を持たせて歪ませる場合には肝心です。

クリーンで歪み無しにスピーカーを鳴らすなら、
RMSの大きいものを選ばないと失敗してしまいます。
また、スピーカーのインピーダンスも音に関わってきます。
8Ω20Wとなっているヘッドアンプの場合、16Ω10W以下になります。

アンプの性能を充分に引き出そうとするなら、
スピーカーのインピーダンスとヘッドアンプのインピーダンスを
最適にあわせなければならないという理屈ですね。
更に詳しくは以下URLをどうぞ。勉強になります。

http://www009.upp.so-net.ne.jp/kadowaki/amptip.html

サウンドハウス

\ 激推し ZOOM G1 Four /

Gekite2 公式ストアオープン

Archive

SEARCH

HOT-7days

出たぞAmpero!!

サウンドハウス

過去1週間の人気記事