メタルブログ激鉄

since 2007 - 全記事数 2506 件

ストラト配線をスッキリと。ノイズ対策と共に。

激鉄機材 記事公開日: 2009年6月18日 / 最終更新日: 2014年4月15日

1,029viewsこの記事は過去に1,029回閲覧されました。

まるでフレンチレストランのメニューのようなタイトルですが、
内容はそのまま。ストラトの配線をスッキリさせたい、ということで、
ノイズ対策と共に、面倒くさくグチャグチャになりがちなアースを工夫。
ピックアップもついでにDP174 Red Velvetに変更。
スペックは、
  出力(mv) :  180
  トレブル : 8.0
  ミドル : 5.5
  ベース : 5.0
  直流抵抗 (kΩ) : 8.10
  マグネット : アルニコ5
といった感じ。
高出力でトレブリーなピックアップなんですが、
実際あんまり違いが分からなかったという・・・。
で、配線はこちら↓
pot06.jpg
アースって何本もあると「ウザイ」ですよね。
ということで一つにまとめて端子を圧着。
そこからポット裏へとアースしました。
バッチリです、これは。
あとはストラトのキャビティ内にドータイトを塗り、
ピックガード裏に銅箔を貼りました。
画像は撮り忘れました・・・。
ノイズは綺麗スッキリ無くなりますね。
常に弦に触れているときのアレ。
ただ、やっぱりハイ落ちが予想以上にありますね。
驚くほどハイ落ち。こんなに変わるか?というほど。
ボリュームポットを500KΩにしておいて良かった。
落ちたハイをおかわりブースターで補いつつ、
KLONのクローンでハイを上げてやってます。
ハイ落ちの影響で、ローが太くなったように錯覚します。
リアピックアップをハムバッカーにしている方は、
かなり眠たいサウンドになるのでお気をつけください。

サウンドハウス

DJI

\ 激推し ZOOM G1 Four /

まだギターアンプから音出してるの?

Archive

SEARCH

HOT-7days

DJI

サウンドハウス

過去1週間の人気記事