Jam UP Pro XTとCubasisで遊ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

|ω・`)ノ ヤァ
最近更新してない、っていうのが恒例になってきてマズイですね。
G+とか、Facebook、Twitterなんかで情報発信するほうがラクになっちゃってんでしょうね。
さて、先日もご紹介したJamUP Pro XTです。
最近はずっとこれで練習してますね。。
image_20121220145646.jpg
やっぱり音がいいんですよねぇこれ。
ハイゲイン系はノイズの調整もよくできていて、
あんまりストレスを感じません。
欲を言えばもっとバンドルを安く。。。
話は変わってiOSでは最近CUBASEまで出てきて驚くばかり。
Cubasisつーアプリで4300円。
プロジェクトはPC版CUBASEでも開けますよ、と。

・無制限のオーディオ/MIDIトラック
・Steinberg社のヴァーチャル音源(「HALion Sonic」をベースにした70以上のヴァーチャル音源サウンド
・10以上のエフェクトを搭載したMixer
・200以上のMIDIドラムループ
・ヴァーチャルキーボードとヴァーチャルドラムパッド搭載
・オーディオ編集を行うサンプルエディタとMIDI編集を行うキーエディタ
・プロジェクトファイルの書き出し(Cubase対応):Dropbox、Soundcloud、Audio Copy、eメールによるファイル共有

あ、まだ買ってませんけどねCubasisは。
http://www.steinberg.net/en/products/ios_apps/cubasis.html
悪くは無さそうなんですけど、どうなんかなーと躊躇中。
ちゃちゃーと曲の構成考えたり、思いついたのを入れとくってのは
ありなんですけど4300円という価格を考えたら他でも代替えが効くような。
とりあえずiOSは音系がホント充実してる。
この前のリハスタでもGuitar Proで捗りました。
もっともっと便利になるなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    どこのインターフェースを使用されているのでしょうか
    わたしはPEAVEYのものとFlangerのものを試してみたのですが、両方共入力レベルが低すぎるものでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です