写真で見るZOOM G3。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえずZOOM G3で早速遊んでみることに。
zoomg3_1.jpg
その前にまずはグローバル設定。
店頭で試奏する場合もこれを覚えておくといいかも。
GLOBALボタンを押して、グローバル設定に入ります。
zoomg3_2.jpg
LCD画面1のノブ3で、アウトプットの設定をします。
何に繋ぐかをここで決定する感じになります。
ダイレクトか、スタックイン・コンボイン、スタックリターン・コンボリターンなど。
zoomg3_3_20110525083728.jpg
入出力側もチェック。
パッシブかアクティブかがボタンで選べるので、
アクティブピックアップ使う場合や、前にエフェクターを
噛ませて使う場合はアクティブ側に設定。
POSTとかのスイッチはXLRアウトだけの設定に。
zoomg3_4.jpg
USBバスパワー駆動なので、USBさすと問答無用で電源がオンになります。
zoomg3_5.jpg
LCD画面のTYPEスイッチでエフェクトタイプを切り替え。
設定が2ページにわたる場合はPAGEスイッチで切り替え。
普通に使いやすいです。悩むことはないでしょう。
zoomg3_6.jpg
アコギシミュもあります。
RP355とかのDigitechに入っているやつより使える印象。
他にも飛び道具が満載でかなりアツイ。
RATMコピーもコレ一台で出来ないことも無さそう。
zoomg3_7.jpg
スイッチ2を長押しでチューナーモードに。
2秒以上押すとチューナー時ミュートに。
とまぁこんな感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です