VOX Dynamic Looperはマルチエフェクターだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


NAMMで発表されたVOX Dynamic Looperはマルチエフェクターでした。
11種類にカテゴライズされたプリ・エフェクトが搭載されてます。
PEDAL (Clean/Comp/Crunch/Overdrive/Distortion)
WAH(Clean/Comp/Crunch/Overdrive/Distortion)
MOD(Chorus/Flanger/Phaser/Tremolo)
BASS(Electric/Synth)
ACOUSTIC(4Type)、PITCH、STUTTER
EQ(6Type)
DELAY(Short/Clean/Analog/Tape/BPMSync)
REVERB(Spring/Room/Hall)
SCI-FI(Drone/Synth/SlowAttack)
となっている模様。
肝心のルーパー機能は、アンドゥ/リドゥが可能なオーバー・ダビング機能、
ループ・エフェクトで加工したフレーズを
さらに録音することができるリサンプリング機能など。
2つの独立したループに合計90秒までフレーズを録音可能とのこと。
他社のルーパーより一歩進んだような感じがします。
それでこの価格。うーん、欲しいです。
というかディレイかわずにこれでいいんじゃないかとか・・。
http://voxamps.jp/products/DynamicLooper/index.html


なかなか悩ましい機能満載ですな・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です