パワー管の互換について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今日はパワー管の互換について。
ご存知の通り、パワー管にはそれぞれ互換性があるものがあります。
例えば6L6の互換では、6L6WA, 7581, 6L6A, 6L6G, 6L6GA, 6L6GAY,
6L6GB, 6L6GC, 6L6W, WT6, 6L6WGA, 6L6WGB, 6L6WGT, 6L6GX, 6L6Y,
1622, 5932, 7581A, 6L6GT, 5881などが上げられます。
とはいえ、バイアス調整は必要です。
また、パワー管を違うものに差し替えた場合のバイアス調整は
必ず調整トリマを最小にしてから開始します。
急な電流が流れて一撃でパワー管がお釈迦になるのを
防ぐためと思っていただければOK。
EL34互換は6CA7, 6CA7となっていたり、
調べるのはイチイチ面倒ですよね?
http://www.nostalgiaair.org/Tubes/
そんな方にオススメ、いっぱつで互換が分かるサイトです。
image_20100916180627.gif
上記を見ていただければ分かると思いますが、
極端なことを言えば、手を入れてやれば現在6L6が刺さっているアンプに
6550管を導入することも可能だったりします。
そのあたりはリペアショップなどと相談して見ると良いかと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です