リヴァプールの残虐王CARCASS。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はデスメタルが好きだ。なんかたまらなく好きだ。
デスメタル特有のデズヴォイスも好きだし、やりすぎなダウンチューニングも好きだ。
リヴァプールの残虐王、CARCASSをご存知だろうか。
かつてはヘヴィメタルの救世主とまで言われたメロデスの先駆者。
彼らはメロデスを一気にメジャーシーンに引き上げた。

マイケル・アモットの功績がもっとも大きいといわれている。
確かにラストアルバムSWANSONGではもうデス声がなければ、普通のヘヴィロックだった。
が、私はビル・スティアーが好きだ。さぁ聴け。その凶悪なサウンドを。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 管理人 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    CARCASSは最強でしょう!
    現在のメタルコア・メロデスシーンを語るにおいて、
    CARCASSを外すことはできませんよね。

  2. FIREBIRD より:

    SECRET: 0
    PASS: 9ac4233ca17c5d4ee3bf1aff98f4b215
    はじめまして。
    pocket POD をサーチしてたらここに辿りつきました^^v
    CARCASSのことを触れてくれるのはありがたいことです!!
    わたしも、ビルスティアこそ比類なき男前ギタリストであり、孤高のミュージシャンであると信じてやまないです。
    一度だけ、スピペガの来日公演の際に、前座でFIREBIRDとして来日したビルをオンエアEASTで観ましたが、やはりカレは最高に渋いです。
    CARCASS時代の、あの怒涛のデスヴォイスには痺れましたし、
    ”ビル節”とも言うべきあのギターリフ・ワークは今聞いても鳥肌が立つばかりです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です