MOOER Baby Bomb 30がいよいよ発売

ペダルサイズのパワーアンプ、MOOER Baby Bomb 30がいよいよ発売開始になるようです。ペダルタイプのパワーアンプは私も色々使ってきたので気になるところ。

ライバル1 AMT Power Amp Series Tube Cake TC-3

こういったペダルタイプのパワーアンプは色々競合もあるわけです。例えば、AMT Power Amp Series Tube Cake TC-3。まぁ価格がかなり違いますので、完全な競合にはならないでしょうけど。こっちは3Wしかありませんしね。実際412キャビで鳴らしたときのパワー不足感はむしろガッカリ感と表現したほうがいいかもしれません。

個人的には敢えて今コレを買う必要性はゼロと言い切ります。

ライバル2 Electro Harmonix 44 Magnum

ガチライバルは恐らくこのあたり。22 Caliberなんかもありましたが、ディスコンになったんですかね? Electro Harmonix 44 Magnumも市場では最近出回りにくくなっているのかもしれません。中古だと14,000円〜といった価格帯。

中古買うよりMOOER Baby Bomb 30の方が安いというのは驚愕です。

Electro Harmonix 44 Magnumはパワーアンプというより、どちらかと言うと44Wのソリッドステートアンプといった感じのサウンド。大音量で使おうとすると、Electro Harmonix 44 Magnum本体の歪みが特徴的なので扱いにくい点や、大音量=歪む ことになるので、クリーンでは全く使えないところなどは無念でした。

MOOER Baby Bomb 30はどうだろう

MOOER Baby Bomb 30はどうでしょう。

あ、ほとんどElectro Harmonix 44 Magnumと同じですねこれは。

Mooer Micro Preamps シリーズと Baby Bomb 30 を組み合わせた動画もありました。

実売価格が1万ちょいなので、面白いですねぇ。mooer cabinet simulatorと組み合わせてもめっちゃ面白そうです。