VHT special6 Ultraのチューブ交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

t_2016-05-26 12.38.08-2

VHT special6 Ultraの真空管を交換してみました。今回はパワー管を6V6からEL84へ、プリ管の12AX7をECC83へ交換です。

t_2016-05-26 12.47.31

プリチューブはどこかのチャイナ管。これをグルーブチューブのECC83へ交換。プリ管もパワー管も刺さるようにしか刺さらないので、もっと気軽に交換すればいいと思いますよホント。

t_2016-05-26 12.50.41

当然6V6とEL84には互換性がないので、変換アダプターをぶっさします。

t_2016-05-26 12.51.12

VHT special6 ultraの場合、EL34や6L6も使えるように設計されている様子なのでそちらも気にはなりますが今回は純正アダプターでEL84という選択肢。

t_2016-05-26 12.54.56

あっという間に完成。パワー管のキャビネットとのクリアランスがギリギリでちょっと怖い。

音の方はというと、当初の想定通りスッキリした低音になりました。歪ませた時の低音弦開放でややブーミーだった音が、えらくスムースな感じになりました。歪みの方もスカッと歪む感じでよりナチュラルなサウンドに。6V6 の明るすぎる印象がEL84にすることによってややダークな歪になりますね。

VHT special6 ultraのV1がクリーン、V2がウルトラチャンネル、V3がパワーとなっていますが、V1/Bはウルトラチャンネルの歪にも生きているということなので、V1・V2共にグルーブチューブのECC83へ交換となりました。

バイアスまでやりたいならこれとかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. TorHR より:

    morpherのホワイトノイズが自分の所有分特有なのか気になってこちらにたどり着き、この記事に気になったのでコメントを残します。6L6やEL34への換装ですが、この場合音が出るからオーナーさんが無理やり取り付けて使うだけで、Special6自体は対応していないと思います。6L6のアンプに6V6を刺す場合はチューブが早く逝ってしまうだけで済みますが、6V6用に6L6等を刺すと下手したらアンプが壊れると思いますよ。
    それからV1Aがウルトラチャンネル、V1Bがクリーン、V2AはS/R、同Bはドライバーです。

    参考 https://robrobinette.com/Special6UltraMod.htm

    バイアスチェッカーのオススメがイミフなんですが…www

    • MASTER より:

      参考URLは私も以前見ていました、やはり何もせずにEL34・6L6換装は難しいですよね。バイアスチェッカーはなんとなく同じVHT製品ということでオススメしてみました。ところでmorpherのホワイトノイズって結構大きめですか? 私の場合ゲインを3時より上げるとそれなりに気になるレベルです。

      • TorHR より:

        そうですね、大きめだと思います。私は2時のあたりまででギリ我慢してるってところです。このノイズって前後にboosterやバッファかましたりしても改善されないので厄介だなって感じています。それとtoneがどう弄ってももっさりヌケが悪いかなと。
        スタイリッシュファズ(BigMuffトライアングルコピー)にはこんなノイズは全くなくとても良かったのでこっちも試しに買ったのですけどね…。

        • MASTER より:

          そうなんですか、私は一時前段にRowinのOD噛ませてたんですがさほどノイズが増えるような感じしませんでした。TONEコントロールもかなり幅広く効くので個体差?あるんでしょうかね。私の場合結構スコーンとヌケの良い音が出てる感じです。むしろヌケすぎか、というくらいには。

          • TorHR より:

            いえ、前後のエフェクターでノイズが増えることはありませんけど。=何をかましてもmorpherのうざったいノイズが消せないということでして。
            Toneの方は幅はありますけど、焦点というか変化するのはほとんど中域よりのところだけじゃないですか?最大でもハイはまるっりシマリがなくもっさりしていますが個体差でしょうか?
            仕方ないのでギターのボリュームを絞るのですがそうすると今度は歪み不足でmorpherどうしたもんじゃろうの〜って感じです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です